リゾバで正社員を目指す!その道のりや注意点、リゾート地で働くことの大変さと素晴らしさ

「正社員登用」ってあるの?リゾートバイトの将来を考える

「正社員登用」ってあるの?リゾートバイトの将来を考える

30代でリゾートバイトを始めるという方の中には「その実績を将来に活かしたい」とお考えの方ももちろん多くいらっしゃいます。リゾートバイトで得られるものは必ずしも「お金」や「リゾート地で過ごせる有意義な時間」だけでなく例えば仕事の能力・スキル・経験であったりと、その後の就職・転職活動に役立つ部分はかなり大きいのです。

あるいはリゾートバイターを経て行く行くは正社員としてホテル・レジャー業界でやって行きたいと望んでいる方もいらっしゃるかも知れませんね。これは「正社員登用制度」と言って、現場での能力や経験などが認められた場合、昇格試験などに合格し、アルバイトから正社員へ雇用形態を転換する制度のことです。正社員になればより責任のある仕事やポジションにチャレンジできるようになったり給与が上がったりしますので、目標としている方は多いかも知れません。

こちらの記事では先に挙げた「リゾートバイトを就職活動にどのように活かすのか」そして「正社員登用」というふたつのテーマでリゾートバイトの将来を考えてみたいと思います。

リゾートバイトで身に付くスキル

リゾートバイトはその求人の多くが「繁忙期」の募集となるため業務中は多忙なことがほとんどです。忙しい現場を回すには「効率」や「迅速な業務処」を考えつつもサービスの質を落とさない丁寧な仕事をしなければお客様には決してご満足頂けませんから、トップシーズンの宿泊施設やレジャー施設の最前線で働いた経験というのは実務経験の中でもかなり価値の高いものになります。

また接客の機会が多いリゾートバイトでは、コミュニケーションスキル、ビジネスマナー等高い接客能力が身に付きます。これらの経験を生かし、「接客サービスマナー検定」「ビジネス実務マナー検定」を受験・取得してみるのもお勧めです。

この他にも、ホテル・レジャー業界への就職・転職には「リゾートバイト経験」そのものが有利になります。特にホテルや旅館の仕事は華やかさの裏に厳しさのある職業ですから少なくとも「憧れて志望」する応募者より「隠れた苦労」の部分を知っている応募者の方を企業側は採用したいはずです。

ただし、リゾートバイト経験を履歴書の職歴欄に記入する際には注意が必要です。これは3ヶ月~6ヶ月という期間の短さを単純に「飽きやすい」「忍耐力に欠ける」といった決めつけをする採用担当者もいるため。リゾートバイト経験をどうしても職歴として履歴書でアピールしたい場合には「なぜリゾートバイトをしていたのか」質問をされたときに自信を持ってはっきりと答えられるよう準備をしておく必要があります。

リゾートバイトで社員登用を目指す

「正社員登用あり」の文言はリゾートバイトに限らず契約社員などの非正規雇用の求人情報では大変よく目にします。正社員採用に比べハードルの低い非正規雇用での採用を目指しその後条件を満たして正社員に登用されるならそれはひとつの賢い就職・転職活動のように感じられます。しかし「正社員登用」には正社員の採用基準を大きく上回った別の基準値が設けられており、また新年度の正社員募集人数に比べると中途採用に当たる正社員登用は採用人数も格段に少ないのです。特にホテルや旅館などでの正社員登用例というのは多くなく、これを目指すには多くの努力が必要となってきます。では、具体的にどういった点で努力すれば良いのでしょうか。

先ずひとつ目は「積極的なアピール」です。リゾートバイトの電話面接の時点で「正社員登用を目標にしている」ということを採用者側にアピールしてみても良いでしょうし、あるいは実際にリゾートバイターとして働きつつ「登用するに値するか否かを判断・評価する現場のリーダーやマネージャー」などの正社員に仕事に対する真摯な姿勢や実績をアピールするのも効果的です。仕事に慣れたら正社員と行動を共にし、正社員と同じ仕事を言われなくても積極的にこなして行きましょう。勤務期間中に仕事に関係する資格を取ることもアピールになります。

そしてふたつ目は具体的にどのような条件を満たせば審査を受けられるのかを把握しておくことです。正社員登用の過去の実績は必ず確認するようにして下さい。また採用試験の受験資格には必ず「勤続年数」が問われます。最低でも1~2年は必要になりますが、中には3年という職場もありますのである程度の辛抱は覚悟しておかなければなりません。またその間は安定して成果を出し続ける努力も重要となるでしょう。

まとめ:リゾートバイトの将来は
リゾートバイトではどんな業種にも役に立つスキルが身に付く
リゾートバイトではホテルやレジャー業界への就職に有利な知識が得られる
リゾートバイト経験を職歴として履歴書に書く際には注意が必要
リゾートバイターから正社員を目指すことができる
「正社員登用」は実は簡単な道ではない

ページのトップへ